長野県飯田市 上郷飯沼の歯医者さん、松澤歯科医院。虫歯・歯周病・予防歯科・矯正歯科・小児歯科・審美歯科・ホワイトニング・インプラント・顎関節症治療等。

〒395-0002 長野県飯田市上郷飯沼1797-1 0265-56-0456
電話
メニュー


Welcome

当院の診療室は、各治療台がパーテーションで区切られており、
個人のプライバシーが守られるようになっており、
安心して治療が受けられると思います。
お子様連れのお母様でも安心して治療が受けられるように、
治療中責任を持ってスタッフがお子様をお預かりいたします。

松澤歯科医院 院長  松澤賢二
日本歯科医師会、長野県歯科医師会、飯田下伊那歯科医師会 所属

当院の特徴

インフォームドコンセント

歯科用CT完備

院内感染症対策

当院では、患者様との信頼関係を第一と考え、インフォームド・コンセントはたいへん重要な事項と捉えております。急患の処置の場合を除き、患者様のお話を充分にお伺いする事から治療を始めさせて頂き、その上で患者様に最適な治療方法をご提案、患者様が満足を得られる治療を行っていきたいと考えております。

なお、院内感染対策につきましては細心の注意を払い、最新の設備・機器にて滅菌・消毒を行っております。医療器具(手術着、手袋、マスク、注射針、麻酔液カートリッジ、メス等)や患者様が使用するエプロン、コップ等も出来る限りディスポーザブル(使い捨ての物)を用いています。

当院の特徴へ

診療メニュー

虫歯治療

虫歯で歯に穴があいてしまった場合、自然治癒は期待できません。当院では、虫歯等の削る範囲を最小限に抑え、歯根の治療もきちんと行い、できるだけ歯を抜かずに残す方針にて治療を行っております。

歯周病治療

歯周病とは、歯肉に炎症が引き起こされ、放置しておくと最後には歯が抜け落ちてしまう病気です。歯周病の怖いところは、初期段階では痛みを感じる事が少ない(自覚症状がない)と言う事です。

インプラント

健康な歯と組織を守るインプラント、豊かなライフスタイルの為に。歯を失ってしまうと、うまく噛めなかったり、歯並びが変わってきたり、言葉が漏れた感じになったり、顔の感じも変わってきます。

矯正歯科

矯正の開始時期は、歯並びが気になりだした時が矯正を開始する時期だと思います。当院では出来るだけ永久歯を抜かないように矯正をする為に、早期から矯正を開始しています。

審美歯科

「歯の色が気になる。」「銀歯が気になる。」「歯並びが気になる。」「口元が気になって口を開けて笑えない。」等の悩みを抱えている方が最近増えてきています。そんな患者様の要望にお応え致します。

ホワイトニング

歯の色が気になる方・着色が気になる方へ。ホワイトニングとは、歯を削らずに漂白することによって、歯の黄ばみや着色を分解して白くする方法です。歯の色でお悩みの方、どうぞお気軽にご相談下さい。

予防歯科

これからの歯科は、虫歯や歯周病で悪くなった部分を治療するのではなく、健康な状態を維持する事が重要であると考えています。

レーザー治療

歯科レーザー治療の特徴は、痛みが少なく麻酔なしで治療ができる、虫歯の部分だけを削る、殺菌・疼痛緩和・治癒促進の効果がある事などが挙げられます。

顎関節・噛み合わせ

口を開けたり、物を噛んだ時に顎が痛い。口が開けにくい。口を開けるとガクッと音が鳴る。等の症状がある方は顎関節症かもしれません。

新着情報

トピックス

2021/04/07:放置しないで!知覚過敏

 

こんにちは。院長の松澤です。
4月7日は「世界保健デー」、
世界保健機関(WHO)が誕生した日です。
WHOは世界の人々の健康を守るため、
毎年この日にテーマを決めて啓発活動を行っています。

 

お口の健康は全身の健康にも影響を与えますので、
歯は大切にしてくださいね!

 

 

さて、お口の健康維持に欠かせない定期検診ですが、
患者さまを診ていると、中には
「むし歯じゃないのに歯がしみる…」
という方がいらっしゃいます。

 

むし歯や神経の炎症がないのに歯が痛いときは、
『知覚過敏』かもしれません。

 

 

 

 

 

◆知覚過敏とは!?

 

冷たいものや甘いものを口にした時、
そして歯を磨いている時などに
ピリッとした鋭い痛みが起こる症状を
『知覚過敏』といいます。

 

知覚過敏をもっとも多く患っているのは
20歳〜50歳で、
日本人の4人に1人が経験している
と言われています。

 

知覚過敏は一過性の痛みで
刺激がなくなればおさまるため、
放置している方も多いのではないでしょうか?

 

 

とはいえ!

 

知覚過敏は放置しておいても治るとは限らないので、
注意したい症状です。

 

 

 

 

◆知覚過敏はなぜ起こる?

 

知覚過敏は
「象牙質(ぞうげしつ)の露出」によって起こります。
歯の中心には神経があり、
やわらかい象牙質と硬いエナメル質に覆われています。

 

 

通常であれば、
歯の一番外側をエナメル質が覆っていて
痛みを感じることはありません。

 

ですが、象牙質が露出すると神経に刺激が伝わり、
痛みを感じやすくなります。

 

 

 

 

象牙質が露出する原因は、
・打撲で歯が欠けた
・歯ぎしりや食いしばりで歯がすり減った
・酸の強い食べものや飲みもので歯が溶けた

 

などが考えられます。

 

 

 

硬い食べものばかり食べている人も、
歯に強い負担をかけることがあるので
注意しましょう。

 

 

 

 

◆歯ぐき下がりも知覚過敏の原因に!

 

歯の根っこも知覚過敏が起こりやすい部分です。
歯ぐきが下がると歯の根が露出して、
象牙質がむき出しの状態に…。

 

 

 

 

歯ぐきが下がるのは、
・加齢
・歯周病
・過度なブラッシング

 

などが主な原因。

 

 

 

 

 

◆知覚過敏は放置しないで!

 

知覚過敏を放置していると、どうなるのでしょうか?

 

まず、歯ブラシが触れると痛みを感じるため、
歯みがきもおろそかになりがちです。
すると、プラークという細菌のかたまりが歯に付着し
むし歯になってしまうことも。

 

また、歯周病が原因の場合は、放置していると
いずれ歯が抜けてしまう原因にもなります。

 

そもそも歯がしみると、
おいしい食事も楽しめませんので
早めの受診をおすすめします。

 

 

 

◆歯みがきと治療で歯の健康を守ろう!

 

「知覚過敏かも!?」と思ったら、
歯みがきの仕方を見直してみるのも一つの方法です。

 

知覚過敏で歯がしみる時は、

①余分な力をかけない「ペングリップ」で歯ブラシを持つ
②毛先のやわらかい歯ブラシで力を入れず小刻みにみがく
③常温もしくはぬるま湯で口をゆすぐ
④歯みがき粉は知覚過敏に有効な「硝酸カリウム」入り

 

などのポイントに気をつけて歯を磨くのがおすすめ。

 

 

 

ご自身でできることもありますが、
痛みが続くときは我慢せず、
お早めにご相談ください!

 

 

松澤歯科医院
〒395-0002 長野県飯田市上郷飯沼1797-1
TEL:0265-56-0456
URL:https://www.matsuzawa-dc.jp/
Googleマップ:https://g.page/iida-matsuzawashika?gm

2021/03/22:新商品のご紹介

こんにちは。松澤歯科医院です。

今回は、新商品をご紹介します。

 

商品名は、Habon PG STOPという歯磨き剤です。

名前の由来は、歯周病原菌の中で最も悪玉とされるPジンジバリス菌(PG菌)

を抑えることから来ていると思われます。

 

ウコンに含まれるクルクミンというポリフェノール成分を含んでおります。

クルクミンは抗炎症作用や、PG菌に対して殺菌作用、

バイオフィルムと呼ばれるばい菌の塊の形成を阻害する作用、

PG菌が出すたんぱく質分解酵素の活性を阻害する作用や、

PG菌の細胞内への侵入を阻害する作用があります。

 

飲み会の席で、「ウコンの力」に大変お世話になっておりますが、

ウコンにこんな素晴らしい効果があるとはびっくりですね。

ウコンさまさまです。

 

早速私も試してみました。

味はほとんどなく、普通の歯磨剤に比べて爽快感はありません。

何日か使用してみて、疲れると感じていた奥歯の違和感は

なくなったように思います。

今後も普段の歯磨きの後に使ってみたいと思います。

 

使用後は何回もうがいをすると薬効成分が流されてしまいますので、

一回だけ軽くうがいをするようにしてくださいね。

 

 

当院では一本税込み1,540円で販売しております。

少し高いように思いますが、歯周病が進行した方、腫れやすい方、

歯周病が気になる方は是非お試しください。

 

 

松澤歯科医院
〒395-0002 長野県飯田市上郷飯沼1797-1
TEL:0265-56-0456
URL:https://www.matsuzawa-dc.jp/
Googleマップ:https://g.page/iida-matsuzawashika?gm

2021/03/08:マスク生活とお口の環境

こんにちは。院長の松澤です。
3月となり、今年も卒業シーズンがやってきました。

 

コロナ禍で今までとは違った学校生活に
戸惑いながら過ごした学生さんも
多かったのではないでしょうか。

 

困難な時期を乗りこえ、
新たな門出を迎えられることを祝福し、
未来が明るいものになるよう、
心から応援しております!

 

 

さて、コロナの問題が発生し、
外出時にはマスクの欠かせない生活が始まって
早くも1年が経過しました。

 

 

毎日のマスク生活の中で口元に意識がいくと

 

「自分の口臭が気になる」
「なんだか口の中がネバネバする」

 

と感じたことはありませんか?

 

それは、もしかしたらマスク生活による
「だ液の減少」が原因かもしれません。

 

今回は、「マスク生活とお口の環境」について
お話しします。

 

 

 

 

◆だ液の役割

 

だ液は通常、健康な成人で
一日に1.0~1.5リットル分泌され、
お口の中で

 

・粘膜の保護
・自浄、殺菌作用
・歯を再生させる(再石灰化)

 

など、多くのお仕事をしてくれています。

 

たくさんの「だ液」でお口の中が潤っていることは、
食べ物の消化を助けるだけでなく、
むし歯や歯周病のリスクから
身を守ることになります。

 

一見、マスクをしていると加湿され、
お口が潤うように思われるかもしれませんが、
だ液の分泌量はいろいろな要因によって減少します。

 

だ液減少の原因
・口呼吸
・ストレス
・脱水
・話さない(口まわりを動かさない)
など

 

 

マスクをしていると息苦しくなり、
たくさん空気を取り込めるよう口呼吸になりがち。

 

この口呼吸は、お口の中を乾燥させ
だ液の分泌を減らしてしまう原因となります。

 

 

 

さらに

 

・マスク着用や自粛生活を含む様々なストレス
・マスクの付け外しが面倒で水分摂取が減ること
・在宅時間の増加などで人と話す機会が減ること

 

これらすべてが、
だ液を減らす原因となっている可能性があります。

 

 

だ液の減少とともに
自浄・殺菌作用が低下してしまい、
口臭が気になったり、
お口の中がネバネバしたり…
といった不快感が出てくるだけでなく
むし歯や歯周病にかかりやすくなってしまうのです。

 

 

 

 

◆大切なことは、
歯科での定期的な検診とセルフケア

 

お口の中を健やかに保つために大切なのが、
定期的な歯科検診。

 

そして、歯ブラシなどによる
丁寧な口腔ケアや、
こまめな水分補給など、
毎日のセルフケアです。

 

 

むし歯、歯周病の治療や
クリーニングはもちろんのこと、
日々の正しいお手入れの仕方や、
マスク生活でのお口の悩みについても、
当院までお気兼ねなくご相談ください!

 

松澤歯科医院
〒395-0002 長野県飯田市上郷飯沼1797-1
TEL 0265-56-0456
URL https://www.matsuzawa-dc.jp/
Googleマップ https://g.page/iida-matsuzawashika?share

医院案内・アクセス

医院名 松澤歯科医院
所在地 〒395-0002 長野県飯田市 上郷飯沼 1797-1
TEL 0265-56-0456
FAX 0265-56-0457
診療時間 午前 9:00~12:30
午後 14:00~18:30 (土曜日は 9:00~13:00)
休診日 日曜日・祝祭日
診療科目 一般歯科、歯科口腔外科、矯正歯科、小児歯科、審美歯科、ホワイトニング、インプラント 、歯科レーザー治療、予防歯科、歯周病治療、虫歯治療、義歯(入れ歯)、顎関節症、口臭治療相談等
最寄り駅 JR飯田線元善光寺駅より車で5分
ジャスコ飯田店より徒歩5分
健康保険 健康保険各種取り扱い
予約制ですが、急患は随時受付しております。

ページトップへ